for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン軍用機墜落、死者は47人に 負傷者も49人

[マニラ 5日 ロイター] - フィリピン南部スルー州ホロ島で空軍輸送機が4日に墜落した事故で、ソベハナ軍参謀長は5日、死者が47人に上ると明らかにした。また、乗員49人も負傷しているという。

国防省によると、地上にいた民間人も3人が巻き添えになり死亡したほか、4人が負傷した。

軍のスポークスマンによると、墜落したのはロッキードのC130輸送機で、空港に着陸しようとしたところ滑走路をオーバーランし、付近の町に墜落した。乗っていたのは対武装勢力作戦の部隊だった。

軍報道官は、墜落機が攻撃された形跡はないと述べた。

スルー州はイスラム過激派組織「アブサヤフ」の拠点とされている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up