for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン中銀、今年は少なくとも50bpの利下げ検討=総裁

 1月30日、フィリピン中央銀行のジョクノ総裁は、今年は少なくとも50ベーシスポイント(bp)の利下げを実施することを検討していると語った。写真はマニラで2016年4月撮影(2020年 ロイター/Romeo Ranoco)

[マニラ 30日 ロイター] - フィリピン中央銀行のジョクノ総裁は30日、今年は少なくとも50ベーシスポイント(bp)の利下げを実施することを検討していると語った。2月6日の政策会合を前に、記者団に対してコメントした。

フィリピン中銀は、2018年はインフレ率を低下させるために政策引き締めを実施したが、19年には合わせて75bp利下げした。

総裁は「(引き締め分を)巻き戻すにはまだ遠い道のりがある」とした。

フィリピンの経済成長率は昨年は5.9%。8年ぶりの低水準となり、政府が目標としていた6.0─6.5%の下限にも届かなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up