July 8, 2019 / 7:58 AM / 15 days ago

フィリピンで違法な死刑横行、国連は捜査要求決議を=アムネスティ

[マニラ 8日 ロイター] - 人権団体アムネスティ・ィンターナショナルは8日、フィリピンにおける対麻薬戦争で、警察のおとり捜査を装った刑事免責や処刑にみせかけた違法な殺人に歯止めがかからないうえ、国が捜査の意思を示さないまま3年目に突入したとするリポートを発表した。

リポートは、フィリピンでは違法な死刑執行や警察の職権乱用の「危険な常態化」がみられるとし、国連人権理事会に捜査を求める決議の採択を要請。週内にも採決が行われる見通しとなっている。

フィリピンではこれまで対麻薬戦争で6千人以上が殺害されたとみられるが、警察は容疑者が武装し、反撃してきたと主張している。

政府は、警察が麻薬使用者や売人を処刑しているとの批判を繰り返し否定し、被害者の遺族は警察を提訴できるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below