Reuters logo
フィリピンのドゥテルテ大統領、米との軍事演習は次回が「最後」
2016年9月29日 / 02:12 / 1年前

フィリピンのドゥテルテ大統領、米との軍事演習は次回が「最後」

[ハノイ 28日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は、同国軍と米国軍の合同軍事演習は次回10月の演習が最後と宣言し、両国海軍の合同巡視活動の可能性を排除した。米国にとって、アジアで最も重要な同盟国の一つであるフィリピンとの関係が不透明になった。

 9月28日、フィリピンのドゥテルテ大統領は、同国軍と米国軍の合同軍事演習は次回10月の演習が最後と宣言し、両国海軍の合同巡視活動の可能性を排除した。写真はダバオで18日撮影(2016年 ロイター/Lean Daval Jr)

合同軍事演習は10月4─12日の予定で実施されることになっている。

ベトナムを訪問中のドゥテルテ大統領は、米国との軍事協定を尊重するとしながらも、来週始まる予定の合同海軍演習に中国が反対しているとし、来週の演習を最後に今後は行わない方針を示した。

米国務省報道官は、定例会見で、フィリピンから正式な合同軍事演習停止の通知は受けていないと述べた。そのうえで「われわれは、フィリピンと安全保障上の重要なコミットメントを持っている。そのコミットメントを果たすこと、この関係を深化させることにわれわれはコミットしている」と語った。

ドゥテルテ大統領は、ロシアや中国と「貿易や商取引で新たな同盟関係」を構築する一方で、米との安全保障協定は維持する方針を示した。

また、米軍と合同の海上巡視について、フィリピンと中国の関係悪化につながりかなねないとして可能性を否定した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below