for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訪日直前の比大統領、米国を非難 軍事協定の破棄を示唆

 10月25日、フィリピンのドゥテルテ大統領は、米政府とのもめごとは自身が始めたわけではないとした上で、自身が長期政権を築く場合、米国とフィリピン間の軍事協定は「忘れてよい」と述べ、米国を激しく攻撃した。北京訪問から帰国し、フィリピン・ダバオ国際空港で記者団に応じる同大統領。21日撮影(2016年 ロイター/)

[マニラ/東京 25日 ロイター] - 訪日を控えたフィリピンのドゥテルテ大統領は25日、マニラを発つ直前に会見し、軍事協定の破棄を示唆するなど米国への非難を再び繰り返した。同大統領をまもなく迎える日本政府は、「心配していない」(菅義偉官房長官)と反応。首脳会談などを通じ、大統領の真意を確認する考えだ。

ドゥテルテ大統領は会見で、米政府とのもめごとは自ら始めたわけではないなどと指摘。自身の政権が長期に及んだ場合、米国はフィリピンと結んだ「防衛協力強化に関する協定」(EDCA)を「忘れてもよい」と語った。

同大統領は、フィリピンを「綱につないだ犬」のように扱うべきではないとも発言。長く同盟関係にあった両国の今後をめぐる懸念はさらに深まりつつある。

米国は、麻薬犯罪の取り締まりのために犯人を殺害するドゥテルテ大統領の手法を、人権問題と批判してきた。同大統領はこれに反発。「軍事的にも経済的にも米国と決別する」などと米国をたびたび非難してきた。

同大統領は、米国の同盟国である日本を25日夕方から訪問する。菅官房長官はこの日午後の会見で「政府としては何も心配していない」とした上で、「日本とフィリピンのきずなとパートナシップを一層深める有意義な機会にしたい」と語った。

フィリピンは南シナ海のスカボロ―礁の領有権をめぐって中国と対立。海洋進出を強める中国をけん制するため、日本は米国とともにフィリピンを支援してきた。

米国に対する過激な発言を繰り返すフィリピンのドゥテルテ大統領は訪日を前に会見し、米国はフィリピンを「綱につないだ犬」のように扱うのはやめろと述べた。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up