Reuters logo
米大統領は人権問題でフィリピンの主張聞く必要=ドゥテルテ大統領
2016年8月31日 / 05:26 / 1年後

米大統領は人権問題でフィリピンの主張聞く必要=ドゥテルテ大統領

[マニラ 31日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は31日、来週予定されているオバマ大統領との会談について、どのような問題でも話し合う用意があるが、人権問題については、まず自身の話に耳を傾けてもらうと述べた。

 8月31日、フィリピンのドゥテルテ大統領は、来週予定されているオバマ大統領との会談について、どのような問題でも話し合う用意があるが、人権問題については、まず自身の話に耳を傾けてもらうと述べた。写真はフィリピン・マニラで29日撮影(2016年 ロイター/Erik De Castro)

米政府は、ドゥテルテ大統領が麻薬取り締まりの強化に乗り出して以降、同国で麻薬犯罪に絡む殺人が急増していることに懸念を表明している。

両首脳は来月6日、ラオスで開催する東アジア首脳会議で会談する予定。

ドゥテルテ大統領は、会談で人権問題を協議するのかとの記者団の質問に「程度による」と発言。「人権について協議する前に、まず何が問題かを理解する必要がある。私の話に耳を傾けるよう主張するつもりだ。何が問題かを説明した上で、話し合いに入る」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below