January 23, 2020 / 4:40 AM / a month ago

フィリピン経済成長率、19年は5.9% 8年ぶり低水準

[マニラ 23日 ロイター] - 2019年のフィリピンの国内総生産(GDP)伸び率は5.9%と、政府目標の6.0-6.5%を下回り、8年ぶりの低水準となった。

 1月23日、2019年のフィリピンの国内総生産(GDP)伸び率は5.9%と、政府目標の6.0-6.5%を下回り、8年ぶりの低水準となった。写真はマニラで2018年5月撮影(2020年 ロイター/Romeo Ranoco)

ペルニヤ経済開発庁長官が明らかにした。農業生産が低迷したほか、予算案の承認の遅れが響いた。

フィリピン統計局が発表した2019年第4・四半期のGDP伸び率は前年比6.4%。好調な内需や政府支出を背景に第3・四半期改定値の6.0%から加速した。ロイターがまとめた市場予想の6.5%は下回った。

キャピタル・エコノミクスのアナリストは、輸出が低迷しており、第4・四半期の経済成長ペースが続く公算は小さいとの見方を示した。

2018年の経済成長率は6.2%。アジア諸国の中で依然として高い成長を記録している。

フィリピン・アイランズ銀行のエコノミスト、エミリオ・ネリ氏は、2019年の経済成長率が目標を下回ったことを受けて、中銀が第1・四半期中に利下げや預金準備率引き下げなど、金融緩和を再開する可能性があると指摘した。

中銀は来月6日に今年初の金融政策決定会合を開催する。

昨年の平均インフレ率は2.5%と、中銀の目標レンジ(2.0─4.0%)内に収まっており、中銀は今年の金融緩和再開が可能との見方を示している。

昨年は3回の利下げを実施。利下げ幅は計75ベーシスポイント(bp)に達した。

政府は今年の経済成長率を6.5─7.5%と予測。中銀は7%の成長が可能との見方を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below