for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピンのドゥテルテ大統領、引退表明

[マニラ 3日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、2022年の大統領任期終了後に政界を引退すると表明した。これを受けて、ドゥテルテ氏が長女、サラ氏の大統領選出馬への道を開いているとの観測が高まった。

一方、現在、南部ダバオ市長であるサラ氏は2日、再選を目指してダバオ市長選に立候補を届け出た。サラ氏は以前、来年の選挙には出馬しない意向を示していた。

ドゥテルテ氏は、長年の側近であるゴー上院議員が与党PDPラバンの副大統領候補となり、その立候補届け出に同行した際に「私は政界引退を宣言する」と述べた。

ただ、アナリストは、ドゥテルテ氏が2015年の大統領選で直前に出馬して大差で勝利したように、土壇場での変更もあり得るとの見方を示している

一方、ABC─CBNニュースは2日遅くに、サラ氏が来年の大統領選に出馬し、ゴー氏が副大統領候補になると報じた。

ABC─CBNニュースは、ドゥテルテ氏が政界引退を発表した直後のインタビューに基づいている。

ドゥテルテ氏は、サラ氏とゴー氏の組み合わせではっきりしているかとの質問に対して、サラ氏とゴー氏だ、と答えた。

*カテゴリーを追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up