for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

焦点:悪名高い「王朝」が復権、比選挙でマルコス氏圧勝

[マニラ 10日 ロイター] - 9日実施のフィリピン大統領選は10日までの開票で、かつて独裁体制を敷いた故マルコス元大統領の長男のフェルディナンド・マルコス元上院議員(64)が圧勝した。フィリピン政界で最も悪名高い「王朝」が大統領に返り咲くという、以前は想像すらできなかった復権に道が開かれ、投票から一夜明けた国民は新しくも見慣れた光景を目にしている。

「ボンボン」の愛称で呼ばれるマルコス氏は、フィリピンの大統領選としては近年の歴史で初めて得票が過半数を超え、対立候補のレニー・ロブレド副大統領を圧倒。王朝の劇的なカムバックを成し遂げた。

20年間にわたり独裁を続けた故マルコス大統領が1986年の「ピープルパワー(民衆の力)」革命で失脚すると、フェルディナンド・マルコス氏は家族とともにハワイに亡命。1991年のフィリピン帰国以降は下院と上院で議員を務めた。

非公式集計によると、有効投票の95%開票時点でマルコス氏は得票数が3000万票余りとロブレド氏の2倍で、勝利が確実となっている。正式な得票数は今月末に公表される見込み。

マルコス氏は祝賀を拒み、代わりに感謝の言葉を口にした。フェイスブックのストリーミング配信で国旗のそばに立ち、「ボランティア、協力関係にあるグループ、政治的な指導者など、何千人もの人々が、結束という私たちのメッセージを信じたがゆえに、運命を共にしてくれた」、「これほど大きな試みは1人で行うことはできない。非常に多くの人々が、非常にさまざまなやり方で関わっている」と述べた。

マルコス氏は結束を掲げて選挙戦を展開したが、政治アナリストは、大差での勝利にもかかわらずマルコス氏の大統領就任で結束が進むことはないとみている。

ロブレド氏を支持する有権者の多くは、失脚したマルコス一族がソーシャルメディアを駆使し、権力を握っていた時代の歴史を改ざんする厚かましい試みを行っていると、怒りをあらわにしている。

 9日実施のフィリピン大統領選は10日までの開票で、かつて独裁体制を敷いた故マルコス元大統領の長男のフェルディナンド・マルコス元上院議員(64)が圧勝した。4月20日、フィリピンのリパで撮影(2022年 ロイター)

1972年から81年にかけて戒厳令が敷かれた際には、故マルコス大統領に抗議した市民ら数千人が迫害を受けた。数十億ドルの国富が消滅し、マルコス家は略奪や縁故主義、贅沢な暮らしの代名詞となった。

マルコス一族は不正行為を否定しており、一族の支持者やブロガー、ソーシャルメディアのインフルエンサーの多くは、歴史が歪曲されていると主張している。

<憎むべきイメージ>

人権団体カラパタンは、マルコス氏の大統領就任は「その憎むべきイメージを消すために」嘘と偽りの情報に基づいて構築されているとして、国民に新大統領の就任を拒否するよう呼びかけた。

「マルコス・ジュニアは、父親の犯罪と、直接の受益者である自分の家族の役割を公には認めていない」と指摘。「マルコス・ジュニアは、記録された数々の残虐行為について無知を装い、故マルコス元大統領による戒厳令の犠牲者たちが味わった苦しみとその墓とに唾を吐き続けている」と非難した。

マルコス氏は選挙期間中、討論やインタビューを避けていた。最近は父親を天才で優れた政治家だと賞賛しているが、戒厳令時代に関する質問に対していら立ちを示す。

一方、ロブレド氏は支持者に対し、次の選挙まで真実のための戦いを続けるよう強調。「嘘を作り上げるのには時間がかかった。われわれにはこれと戦い、これを壊す時間も機会もある」と呼びかけた。

マルコス氏は選挙戦で、自身の政策課題をほとんど明らかにしなかったが、大規模なインフラ整備、中国との緊密な関係、力強い成長を目指したドゥテルテ前大統領の政策をそのまま踏襲するとの見方が多い。ドゥテルテ氏はその強力なリーダーシップで大きな支持を獲得した。

政治学教授のアリエス・アルゲイ氏は、マルコス氏が結束に誠実であることを証明するには多くの課題があると指摘。「いずれにせよ二極化が起きる」と述べた。

「マルコス大統領の下で、二極化は一段と深刻化するかもしれない。結束のスローガンが実行されるとは思えず、その対極に向かうだろうからだ」とアルゲイ氏は指摘。「信用できない以上、納得などできない」と続けた。

(Neil Jerome Morales記者、Karen Lema記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up