May 9, 2019 / 3:29 AM / 2 months ago

第1四半期フィリピンGDP、4年ぶり低い伸び 利下げ観測強まる

[マニラ 9日 ロイター] - フィリピン統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比5.6%増だった。

 5月9日、フィリピン統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比5.6%増だった。写真はマニラのレストランで2013年5月撮影(2019年 ロイター/Cheryl Ravelo)

これは4年ぶりの低い伸び。市場では、この日の中銀の金融政策決定会合で利下げが決まるとの観測が強まっている。

昨年第4・四半期の6.3%増から減速した。ロイターがまとめた市場予想は6.1%増だった。

政府は3月、2019年のGDP予測を7─8%増から6─7%増に下方修正した。輸出や農業生産の低迷のほか、国家予算の承認の遅れが、成長の重しになるとしている。

フィリピンでは、国家予算の承認が遅れており、インフラ事業などの実行が難しくなっている。

第1・四半期のGDPは、季節調整済み前期比では、1.0%増。1.8%増に上方修正された昨年第4・四半期から大きく減速した。

フィリピンペソPHP=PDSPは1ドル=52.35ペソに下落。前日終値は52.11ペソだった。フィリピン株式市場.PSIも、GDP統計発表後2%近く下落している。

市場では、農業生産の低迷、米中貿易摩擦、世界経済の減速を背景に、中銀がこの日の政策決定会合で利下げを決めるとの観測が強まっている。

3月の輸出は4カ月連続の減少。GDPの約10%を占める農業生産は第1・四半期に鈍化した。

4月のインフレ率は3.0%と、食品・燃料価格の上昇率鈍化で6カ月連続の低下となった。中銀の今年の目標である2─4%の半ばにある。

ロイター調査によると、エコノミスト12人中8人は、中銀がこの日、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ4.50%にすると予想。8人中4人は、さらに預金準備率が100bp引き下げられると予測している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below