for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン大統領、ロシア・中国との連携模索へ 年内訪問で

 9月26日、フィリピンのドゥテルテ大統領(写真)は、記者団に対し、年内にロシアと中国を訪問し、独自の外交政策を展開するとともに、両国との「連携を模索したい」と表明した。フィリピン北部で15日撮影(2016年 ロイター//Erik De Castro)

[マニラ 26日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は26日、記者団に対し、年内にロシアと中国を訪問し、独自の外交政策を展開するとともに、両国との「連携を模索したい」と表明した。

大統領は、フィリピンは旧宗主国である米国との関係で「後戻りできない局面」にあると発言。そのため、他の国との関係強化を模索する中で、米国と歴史的に対立関係にある二つの大国を連携相手に選んだと明らかにした。

大統領は先週、訪中の意向を示していた。ただ、フィリピンと中国とは南シナ海の領有権問題をめぐり長年対立している。国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所は今年7月、南シナ海の領有権をめぐる中国の主張を退ける判断を示したが、中国は仲裁判断の受け入れを断固拒否している。

ドゥテルテ大統領は「(米国と)本当に断交するつもりはないが、中国やロシアのメドベージェフ首相との連携を模索したい」と発言。「イデオロギー上の障壁の反対側」を開拓したいとも語った。

米国務省の報道官は定例会見で、フィリピン政府からドゥテルテ大統領の発言に関して連絡はなかったと説明。両国の協力関係は依然強く維持され、米国はフィリピン政府の方針転換を示唆する兆候を何も確認していないと語った。

*写真を差し替えて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up