for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリップス第4四半期は40%減益、部品不足やリコールで

オランダの医療機器・ヘルスケア大手フィリップスは12日、第4・四半期について、中核利益が約40%減の6億5000万ユーロ(7億3925万ドル)となるとの見通しを示した。写真は2018年8月、ベストで撮影(2022年 ロイター/Piroschka van de Wouw)

[アムステルダム 12日 ロイター] - オランダの医療機器・ヘルスケア大手フィリップスは12日、第4・四半期について、中核利益が約40%減の6億5000万ユーロ(7億3925万ドル)となるとの見通しを示した。

電子部品の世界的な供給不足と人工呼吸器の大規模リコールを減益の理由に挙げた。

売上高は前年同期比10%減の49億ユーロ。部品不足や貨物輸送能力の不足、顧客の注文延期などが打撃となった。

売上高は自社予想を約3億5000万ユーロ下回った。2021年通年では1%の減収。従来は小幅増収を予想していた。

フィリップスは新たに2億2500万ユーロの引当金を計上したことを明らかにした。人工呼吸器のリコール対象が想定よりも広がったという。

同社は24日に第4・四半期と通年の決算を発表する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up