February 23, 2018 / 4:10 AM / 7 months ago

初めてオークション登場のピカソ作品、落札額に注目集まる

[ロンドン 22日 ロイター] - 英ロンドンで28日に行われる競売大手サザビーズが主催するオークションに、スペインの画家ピカソの絵画「Femme au Beret et a la Robe Quadrillee」が初めて出品され、高値が付くと予想されている。

 2月22日、英ロンドンで28日に行われる競売大手サザビーズが主催するオークションに、スペインの画家ピカソの絵画「Femme au Beret et a la Robe Quadrillee」が初めて出品され、高値が付くと予想されている(2018年 ロイター/Peter Nicholls )

競売に先立ち、22日にメディアにお披露目された。

サザビーズの担当者ジェームズ・マッキー氏は、この作品が描かれた1937年は「ゲルニカ」製作の年でもあり、ピカソが芸術的発展を遂げる過程で非常に重要な年だと説明した。

また、この作品は10年来の愛人マリー・テレーズ・ヴァルターを描いているが、前年の36年には別の女性ドラ・マールとの出会いもあり、そうした意味でも重要な作品だと語った。

「Le Matador」(闘牛士)も出品され、1400─1800万ポンド(20億3000万─26億7000万円)の値が付くと予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below