for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2020年、写真が伝える記憶(上)

[ 26日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行から、米国の黒人男性ジョージ・フロイドさんの死を受けた反人種差別デモまで、ロイターのカメラマンは今年も最も重要なニュースの現場にいた。

ニューサウルウェールズ州ナウラ(オーストラリア)。自宅の脇に佇むナンシー・アレンさん、ブライン・アレンさん夫妻。強い風が、カロワンで発生した森林火災による煙と灰を、2人が暮らす街に吹き付けてくる。1月撮影(2020年 ロイター/Tracey Nearmy)

カメラマンたちは、シアトルでデモ参加者に突っ込み発砲した車の運転手や、リオデジャネイロのギャング抗争に対する警察の取り締まり中に撃たれた夫の死を嘆き悲しむ女性の姿を、カメラに収めてきた。

印象的な瞬間を切り取った写真の裏には、レンズ越しに現場を経験したカメラマンの物語もある。

ニューデリーで発生した暴動の現場で、暴徒がイスラム教徒の男性を殴りつける様子を撮影したDanish Siddiquiカメラマンは、「限界を試すようなことはしない。常に(撮影対象から)一定の距離を保つことで、撮った写真を持ち帰って世に訴えることができるようにしている」と語る。

2020年に撮影されたロイターの優れた写真を、撮影したカメラマンの物語とともに紹介する。

(3回シリーズの1)

トレーシー・ニアミー記者:

「オーストラリアの人口密度の低い地域を取材するのは難しい。森林火災が始まった今年の夏、現場に近づくのは困難だった。ニューサウスウェールズ州ナウラまで1日かけて移動して、赤みがかった煙霧のなかで出会ったのが、ナンシー・アレンさんだ。

ノースリーブのシャツとショートパンツ姿のナンシーさんと夫のブライアンさんは、園芸用の散水ホースを使って我が家を守ろうとしていた。彼らの街に迫りつつある火災の勢いは非常に激しく、火災積乱雲による嵐を生み出し、警察はすでに数時間前にこの地域から退避していた。

だがナンシーさん、ブライアンさん夫妻は渦巻く煙と灰のなかに留まり、心配そうに家の前面に水をかけていた。この写真が捉えたナンシーさんの表情は、こうした森林火災の激しさと規模に対して多くのオーストラリア国民が感じていたショックと信じられない気持ちをよく表わしている。」

サンブル郡レマスラニ村(ケニア)。牧草地の上を飛ぶサバクトビバッタの群れを撃退しようとする村民たち。(2020年 ロイター/Monicah Mwangi)

モニカ・ムワンギ記者:

「『アフリカの角』地域では早くも聖書の時代にはサバクトビバッタの記録が残されている。だが今年は、気候変動によって深刻化した異常気象パターンのために、群れがケニア北部まで南下する絶好の環境が生まれた。

サンバル郡では、イナゴが集まった牧草地全体が黄色に染まり、家畜に食べさせるための牧草が食い荒らされた。

叫び声を上げ、空き缶を叩いて群れを追い払おうとしていた地元住民は、『イナゴは何百万匹もいて、植物をすべて食い尽くしてしまうだろう。そうしたら家畜に何を食べさせればいいのか』と話していた。

カメラに全力で衝突してくるイナゴもいて、群れの真ん中にいるのは恐怖だった。カメラのレンズを絶えず拭かなければならず、群れのなかでは動くのも一苦労だ。何か喋ろうとすれば、口に飛び込んでくるイナゴを生のまま食べることになっただろう。」

江西省九江(中国)。揚子江にかかる九江橋の検問所を通過する、湖北省出身の白血病患者とその母親。 (2020年 ロイター/Thomas Peter)

トーマス・ピーター記者:

「農業を営むルー・ユエジンさんにとって、時間が切迫していた。26歳の娘フー・ピンさんに白血病治療の化学療法を受けさせようと躍起になっていた。だが湖北省は新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)下にあり、隣の江西省にある病院に向かうため、何とか検問所を通過しようとしていた。

警察による非常線のところで出会ったとき、『娘は治療を必要としている。それなのに、通してもらえない』と彼女は言った。娘の身体は、機能低下した免疫系を外界から守るために羽毛布団でくるまれていた。

2月の時点では、新型コロナはまだ全世界的な災厄にはなっていなかったが、中国の人々にとって、疫病はすでに新たな現実になっていた。当局はウイルスが最初に発見された武漢市を封鎖し、それを囲む湖北省も事実上のロックダウン状態となった。住民の流出を防ぐため、省の境界には検問所が出現した。人々は怯えていた。多くの人が、食糧調達のために外出する以外は家に閉じこもった。

私たちは、ルー・ユエジンさんが泣きながら警察に訴えているところに行き逢った。やがて彼女は地面に倒れ、声を上げて泣いていた。彼女に話を聞いた約1時間後、救急車が来て2人を病院に運んでいった。」

(翻訳:エァクレーレン)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up