December 30, 2018 / 11:39 PM / 18 days ago

写真が語る2018年:ベール禁止の反対デモで警官とハグする女性

 写真は8月1日、公共の場でベール着用を禁止するデンマークの法律に抗議するデモに参加していた37歳のイスラム女性は、警官を抱きしめて涙を流していた(2018年 ロイター/Andrew Kelly)

[13日 ロイター] - 公共の場でベール着用を禁止するデンマークの法律に抗議するデモに参加していたイスラム女性は、警官を抱きしめて涙を流していた。2018年を象徴する写真について、ロイター・カメラマンが撮影当時の様子を語る。

撮影したカメラマン:Andrew Kelly

8月1日、公の場で顔を隠すベールの着用を禁止する新たな法律を取材するために向かったデンマークのコペンハーゲンで、同法に反対する大規模デモを追っていた。そして、この印象的なシーンに出くわした。

女性警官が、イスラム教徒の女性が着用するニカブをかぶった女性数人と話していた。顔全体を覆うベール「ニカブ」を規制するこの法律は論争の的となっていた。

この警官が罰金を科そうとしていたのかどうかはっきりしなかったが、彼女たちに非常にフレンドリーに接していることにすぐ気がついた。ベールをかぶった37歳のアヤーと名乗る女性は明らかに感情的になっていた。警官は彼女をなぐさめていた。2人はハグし、アヤーの目には涙があふれた。

この写真は多くのメディアで取り上げられ、この法律を巡る論争をさらに過熱させた。人々の意見は分かれた。多くがこの警官を称賛する一方で、彼女の停職を求める人たちもいた。

アヤーにも大きな関心が集まった。取材が殺到し、彼女はこの禁止令がいかに自身の生活に影響を与えているかを説明する機会を得た。

「まったくばかげている。好きなことがもうできない。自宅に軟禁状態になるでしょう」と彼女はロイターに語った。

だが多くの不評も買い、アヤーはその後、公の場に出ることはなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below