December 29, 2018 / 2:47 AM / 3 months ago

写真が語る2018年:米国の親子引き離し政策を撤回させた上空写真

 写真は6月18日、メキシコ国境沿いにある米テキサス州の小さな町トーニローで、親と引き離された不法移民の子どもたちが収容所テント脇に一列に並ばされていた。上空から撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[13日 ロイター] - メキシコ国境沿いにある米テキサス州の小さな町トーニローでは、親と引き離された不法移民の子どもたちが収容所テント脇に一列に並ばされていた。2018年を象徴する写真について、ロイター・カメラマンが撮影当時の様子を語る。

撮影したカメラマン:Mike Blake

6月18日、上空から撮影されたこの写真は、ロケーション選びから、撮影するための航空機の手配まで、チームワークの賜物だ。私は民間機でテキサス州まで飛んだ。

移民の子どもたちを親から引き離すトランプ政権の新たな政策が実行に移されたが、こうした写真が世界に配信され、その規模と実際に何が起きているのかという現実を伝えるまで、本当に状況を理解している人は誰もいなかった。

収容所までのフライト時間を考慮し、私はパイロットに1時間地上待機するよう伝えた。夕食の時間になれば何か動きがあり、また、明るさ具合もそのころの方が良いという算段だった。

この写真は600ミリレンズを使い、トーニロー近くの上空を旋回しながら、小型機の窓から撮影したものだ。機内は暑く、揺れもひどく、フレームに被写体を収めることさえ、とても難しかった。

このような収容所の航空写真を撮影したのはロイターが初めてだった。私が撮影した写真を、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストが翌朝の一面トップに掲載すると、トランプ米大統領は親子引き離し政策を終了させる大統領令に署名した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below