April 26, 2015 / 11:53 PM / 3 years ago

独VWピエヒ会長が辞任、CEOとの権力争いに敗れる

[ハンブルク/フランクフルト 25日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)のピエヒ会長が25日、辞任した。同会長はオーナー一族の実力者として20年以上にわたりVWを率いてきたが、ウインターコルン最高経営責任者(CEO)との権力争いに敗れた格好。

 4月25日、独自動車大手フォルクスワーゲンのピエヒ会長が辞任した。CEOとの権力争いに敗れた格好だ。ハンブルクで2011年5月撮影(2015年 ロイター/Fabian Bimmer)

今月に入って独週刊誌シュピーゲルは、ピエヒ会長がウインターコルンCEOと距離を置いていると語ったと報道。ピエヒ氏のCEO批判に対する反発が広がり、同氏は孤立を深めていた。

ピエヒ氏は即日付で、監査役会メンバーを含むすべての職から退く。同氏の妻も同日付で監査役を辞任した。

後任が決まるまでフーバー監査役副会長が暫定的に会長を務める。

VWの内部関係者の間では、ピエヒ氏の辞任でウインターコルンCEOが会長に就任する可能性が高まったとみられている。

またその場合、ウインターコルン氏の後任には、CEO候補と目されているポルシェCEOでVWの取締役会メンバーであるマティアス・ミューラー氏が就く可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below