December 27, 2019 / 3:48 AM / 7 months ago

カザフのアルマトイ付近で旅客機が墜落、12人死亡 約100人搭乗

[アルマトイ 27日 ロイター] - カザフスタン政府によると、南部アルマトイ付近で27日、乗員5人・乗客93人を乗せた首都ヌルスルタン行き旅客機が墜落し、12人が死亡した。

アルマトイ市当局は当初、15人以上が死亡したと発表していたが、その後、死者数を12人に訂正した。49人が病院に搬送され、一部が重体という。

同国内務省によると、死亡者には機長が含まれているという。また標準的な法的手続き通り、飛行操作および安全規則違反の可能性を調査しているとした。

同国の民間航空当局によると、旅客機は明け方に離陸した際に高度を失い、コンクリートのフェンスを突き破った。その後、2階建ての建物に衝突したという。

政府とアルマトイ空港によると、墜落現場は封鎖され、救助作業が行われている。

アルマトイ空港に向かっているロイターの記者は、周辺地域は濃い霧に覆われていると話した。

墜落したのはカザフの航空会社ベク・エアーのジェット機「フォッカー100」。ベク・エアーのコメントは現時点で得られていない。

スクリャル副首相は記者団に「事故機は墜落前に後部が2度、滑走路に接触した。パイロットのミスなのか、技術的な問題なのか調査する」と述べた。

 12月27日、カザフスタン政府によると、南部アルマトイ付近で乗員5人・乗客93人を乗せた首都ヌルスルタン行き旅客機が墜落し、12人が死亡した。写真は墜落現場で救助活動にあたる当局者ら(2019年 ロイター/Pavel Mikheyev)

航空当局は、調査を行う間、同型機の運航を停止すると発表した。

カザフのトカエフ大統領はツイッターで被害者と家族に哀悼の意を示したうえで、「責任を負う者は法に従って厳しく処罰される」とした。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below