February 2, 2018 / 2:00 AM / 4 months ago

サッカー=ブラッター前FIFA会長、法的措置を検討

[マンチェスター(英国) 1日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)前会長で、現在活動停止処分を受けているゼップ・ブラッター氏(81)は1日、自身の汚名をそそぐためにFIFAに対して法的措置をとることを検討していると明かした。

 2月1日、国際サッカー連盟(FIFA)前会長で、現在活動停止処分を受けているゼップ・ブラッター氏(81)は、自身の汚名をそそぐためにFIFAに対して法的措置を執ることを検討していると明かした。2017年4月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

ブラッター氏は17年間にわたりFIFA会長を務めたが、2011年にミシェル・プラティニ氏との不正な金銭取引があったとして、サッカーに関わる全ての活動において6年間の資格停止処分を受けている。

同氏はロイターへのEメールで「私の目的は、FIFA倫理委員会の決断に関して、私が入手した情報と証拠から調査することだ。これについて進めており、進展を期待している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below