for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニー、PS5を11月12日に発売 Xboxと同じ4万9980円

ソニーは17日、次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を11月12日に4万9980円(税抜、499.99ドル)で発売すると発表した。都内で昨年9月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 17日 ロイター] - ソニー6758.Tは17日、次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を11月12日に4万9980円(税抜、499.99ドル)で発売すると発表した。年末商戦期に米マイクロソフトが投入するゲーム機「Xbox」の新型と同水準の価格設定となり、競争が激しくなりそうだ。

日本や米国、カナダ、韓国など7カ国で11月12日に発売する。欧州や中東、南米、アジアでは11月19日に発売する。ディスクドライブなしのモデルは3万9980円(税抜、399.99ドル)。18日から販売店で予約を開始する。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアン社長兼CEOは「PS5のゲーム体験はユーザーの想像を超えるビジュアル、感触、音など、まさに次世代のものとなるだろう」とコメントした。

競合するXboxとの比較では、ディスクドライブのあるモデルは「XboxシリーズX」の4万9980円(税抜、499ドル)と同水準の価格になった。エース経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは「非常にXboxを意識した価格設定」と指摘する。

一方、ディスクなしのモデルは、同じくXboxのディスクのないモデル「シリーズS」の3万2980円(税抜、299ドル)に比べると高い価格設定になった。安田氏は、ターゲットとするライトユーザーに「シリーズSとの価格差を性能差として認識されるかどうかで、PS5の販売動向は大きく変わってくるだろう」とみている。XboxのシリーズSは、シリーズXに比べてディスクがないだけでなくデザインや性能が異なる。

PS5は映像出力を4Kや8Kテレビに対応するほか、高速のSSDや3Dオーディオのワイヤレスヘッドセットを採用。ゲーム中の動きや環境に合わせてコントローラーの感触が変化する仕組みなども取り入れ、ゲームへの没入感をより高めるとしている。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up