Reuters logo
首相「国難突破」へ解散表明、与党過半割れなら辞任も
2017年9月25日 / 10:29 / 1ヶ月前

首相「国難突破」へ解散表明、与党過半割れなら辞任も

[東京 25日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散すると正式に表明した。

 9月25日、安倍晋三首相(写真)は28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散すると正式表明した。社会保障制度を「全世代型」に転換させ、新たに2兆円規模の政策を取りまとめると訴えた(2017年 ロイター/Toru Hanai)

社会保障制度を「全世代型」に拡充し、新たに2兆円規模の対策を取りまとめるのと引き換えに、2020年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化は不可能との認識も示し、事実上、財政健全化目標を先送りした。首相は、少子高齢化や挑発行動を続ける北朝鮮情勢が「国難」とする認識も示し、今回の衆院解散を「国難突破解散」と命名した。

安倍首相が新たに2兆円規模の対策策定を表明したのは、2019年10月の消費増税に併せ、5兆円超に上る増税分の使途を、子育て支援などに充てる必要があるとの判断からだ。

安倍首相は会見の中で「所得の低い世帯の高等教育無償化は、必ず実現する。リカレント教育を抜本的に拡充し、幼児教育の無償化も一気に進める」と明言。20年度までの3年間を「生産性革命」の集中投資期間と位置付け、賃上げの流れを加速させる減税措置の導入も視野に「税制や予算など、あらゆる施策を総動員する」と強調した。

消費増税分の使途変更に伴い、20年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化目標は先送りする。

首相は同日夜、NHK番組に出演し、PB目標について「20年度の達成は不可能になった」と言及。「(黒字化の)達成時期がいつになるかは、しっかり精査しながら判断したい」と語った。これに先立つ記者会見では「財政再建の旗は降ろさない」と述べ、債務残高対GDP(国内総生産)比の目標を念頭に、引き続き、財政健全化への取り組みを続ける姿勢を示した。

社会保障制度の見直しに伴う増税分の比率変更については「(財政健全化と教育にまわす分の)おおむね半々」と述べるにとどめた。今後、政府内で調整する考えも示した。

会見の中で、安倍首相は、10月22日投開票の衆院選の勝敗ラインにも言及し「政権選択選挙。獲得議席が過半数(233議席)に届かなければ辞任する」と語った。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below