for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

感染症対応の司令塔機能強化へ、危機管理統括庁を設置=岸田首相

 9月2日、岸田首相は新型コロナウイルス感染症対策本部であいさつし、内閣官房に内閣感染症危機管理統括庁を設置すると発表した。写真は8月10日、都内で代表撮影(2022年 ロイター)

[東京 2日 ロイター] - 岸田文雄首相は2日、新型コロナウイルス感染症対策本部であいさつし、内閣官房に内閣感染症危機管理統括庁を設置すると発表した。感染症対応に関わる総合調整を一元的に所管し、司令塔機能を強化する。

保健医療提供体制について、病床や発熱外来などに関して医療機関等と協定を締結する仕組みを法定化することも表明した。地域の拠点病院には有事に担うべき医療提供も義務付ける。

このほか、厚生労働省における平時からの対応能力を強化するため、健康局に感染症対策部を設置。国立の感染症研究所と国際医療研究センターを統合し、科学的知見の基盤となる専門組織を創設する。岸田首相は関係閣僚に対し、必要な法律案の準備の取り組みを加速するよう指示した。

(杉山健太郎、編集:内田慎一、青山敦子)

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up