for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

菅首相、総裁選への立候補断念 「正直、びっくり」と二階氏

菅義偉首相は3日午前、自民党の臨時役員会で総裁選挙に立候補しないことを表明した。写真は8月、都内で代表撮影(2021年 ロイター)

[東京 3日 ロイター] - 菅義偉首相は3日午前、自民党の臨時役員会で総裁選挙に立候補しないことを表明した。出席した複数の党幹部によると、新型コロナウイルス対策を優先する考えを示したという。9月末の任期満了までは職務を続ける。

二階俊博幹事長は役員会後、記者団に対し「正直、びっくりしている」とした上で、「考えに考えた末に決断されたのだと思う」と述べた。不出馬の意向はこの日午前に菅首相から聞いたという。菅氏から後継指名の話は「ない」とした。

9月17日告示・29日投開票で行われる自民党総裁選は、予定どおり実施する。唯一出馬を表明している岸田文雄元政調会長は記者団に対し、まずは情報を確認したいとの考えを示した。出馬をいったん断念した下村博文政調会長は、「改めて同志と相談する」と語った。

6日に予定していた党役員と内閣の人事も実施しない。菅首相は3日の役員会と総務会で、人事について一任を取り付ける考えだった。

ニュースで知ったという梶山弘志経済産業相は閣議後会見で、「大変残念だと思っている」とした上で、「空白がないようにしっかり行政はつないでいかなければならない」と語った。

菅首相の出馬断念の情報が伝わると、東京の株式相場は上昇して反応した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up