for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武漢で入院の日本人男性が死亡、新型肺炎の疑い

2月8日、日本の外務省は、重度の肺炎で中国武漢市の病院に入院していた60代の日本人男性が死亡したと発表した。写真は1月20日、東京の羽田空港で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 8日 ロイター] - 日本の外務省は8日、重度の肺炎で中国武漢市の病院に入院していた60代の日本人男性が死亡したと発表した。新型コロナウイルスの感染が疑われる日本人の死亡は初めてとみられる。

入院先の医療機関から外務省に連絡があった。新型コロナウイルスの感染の疑いが強いものの、断定が困難で、医療機関は死因を「ウイルス性肺炎」と判断しているという。

日本政府はこれまで、新型コロナウイルスに感染した、あるいは感染の疑いのある日本人の死亡をこの男性以外に確認していない。

共同通信によると、男性は1月16日に発熱し、22日に入院した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up