July 13, 2020 / 7:46 AM / a month ago

ポーランド大統領選、保守現職ドゥダ大統領の勝利確実に

[ワルシャワ 13日 ロイター] - 保守現職とリベラル派の一騎打ちとなった12日のポーランド大統領選挙決選投票は、ドゥダ大統領の勝利が確実となった。ドゥダ氏は欧州連合(EU)が批判する司法改革など、国民主義的与党「法と正義(PiS)」の政策を推進するとみられる。

13日に選管が発表した開票情報によると、開票率99%超の時点で得票率はドゥダ氏が51.2%、最大野党の中道「市民プラットフォーム(PO)」のチャスコフスキ・ワルシャワ市長は48.79%で、両者の得票差は約50万票。投票率は68.12%と記録的な高水準だった。

POの元代表は13日、民放テレビに「選挙スタッフの代表として言いたくないが、この得票差は結果を受け入れるのに十分だと思う」と語った。

選管によると、まだ在外投票などの開票作業が続いており、正式な開票結果をいつ発表できるか未定という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below