March 30, 2020 / 6:42 AM / 2 months ago

ポーランドの作曲家K・ペンデレツキ氏が死去、現代音楽の巨匠

現代音楽の世界的巨匠であるポーランドの作曲家、クシシュトフ・ペンデレツキ氏が29日、死去した。86歳だった。写真は提供写真、2014年8月撮影。(2020年 ロイター)

[ワルシャワ/クラクフ 29日 ロイター] - 現代音楽の世界的巨匠であるポーランドの作曲家、クシシュトフ・ペンデレツキ氏が29日、死去した。86歳だった。家族が明らかにした。

ペンデレツキ氏は、ウィリアム・フリードキン監督の映画「エクソシスト」、スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」、デヴィッド・リンチ監督の「ワイルド・アット・ハート」中の映画音楽のほか、弦楽曲「広島の犠牲者に捧げる哀歌」、ほぼ無調の「ルカ受難曲」などの作品で知られる。また、グラミー賞を4度獲得している。

ポーランド文化省はツイッターで、「最も偉大なポーランド人作曲家の一人でクラシック音楽界の巨匠であるクシシュトフ・ペンデレツキ氏が、長い闘病生活の後、死去した」と投稿した。

家族はロイターに対し、介護していた1人が新型コロナウイルス検査で陽性だったことからペンデレツキ氏も検査を受けたが、陰性だったことを明らかにした。3月7日に家族の集まりに参加した家族が複数その後隔離され、何人かが陽性だった。妻は陰性だったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below