October 23, 2018 / 11:10 PM / 21 days ago

特別リポート:右傾化するポーランド、なぜ欧州に背を向けたか

[ワルシャワ 18日 ロイター] - モニカ・パウリクさんは昨冬、泥の中を這い回り、凍った地面を掘って塹壕を作るポーランド軍の予備軍訓練に参加した。娘のヘレナちゃんは、まだ2歳になっていなかった。

10月18日、モニカ・パウリクさんは昨冬、泥の中を這い回り、凍った地面を掘って塹壕を作るポーランド軍の予備軍訓練に参加した。写真は2016年5月、ワルシャワで開かれた反政府デモ会場で撮影(2018年 ロイター/Kacper Pempel)

普段は町役場の事務職員をしているパウリクさんは、予備軍に加入することで将来的に発生し得るリスクについて、何の誤解も抱いていない。母国のためなら、死ぬ覚悟だと言い切る。

「もし戦争が起きれば、私たちのような部隊は死地に送り込まれることは分かっている」と、パウリクさんは言い、「自分自身のため、そして愛国的な責任感から加入した」と説明した。

24歳のパウリクさんは、欧州連合(EU)市民だ。そして、「自分の国を守る」という彼女の決意は、ポーランドやEU諸国で広まる不安感を反映している。

ポーランド軍の予備軍訓練に参加するパウリクさん。2017年12月撮影(2018年 ロイター/Kacper Pempel)

2017年に創立されたポーランドの予備軍には、すでに1万5000人近くが加入している。ポーランド軍は、今後数年内に5万3000人規模に拡大させたい考えだ。

ポーランドは、北大西洋条約機構(NATO)の正式メンバーだ。旧ソ連圏からEUに加入した国の中でも最大で、ポーランド財務省によると、EUから受け取った援助金の額も1000億ユーロ(約13兆円)と、加盟国で最大となっている。

EU加盟国であることは、支持されている。だが多くのポーランド国民は、外国が内政に影響を及ぼすことへの不満も口にする。ハンガリーやチェコといった東欧の国も、状況は同じだ。

例えば、ポーランドとハンガリーは、亡命希望者の受け入れ枠を設けるよう求めたEUの要請に応じなかった。ポーランドの与党「法と正義(PiS)」などの政党は、愛国心を鼓舞することで支持を集めており、その攻撃対象にはEUも含まれる。

EUの分断を深めるこうした傾向は、金融危機や、それに続くシリアやアフリカからの大量の移民流入に原因があると指摘されている。だが、1989年にソ連の支配下から脱出したポーランドなどの欧州諸国では、「未来への不安」はずっと根深いものだ。

パウリクさんが住む人口わずか数十人程度の町は、ロシアの同盟国であるベラルーシ国境から150キロの距離にある。

祖母から相続したという小さな家の窓は、赤と白の花の鉢植えで飾られている。紅白のポーランド国旗をイメージしたもので、今年ポーランド独立100年を記念して夫と一緒に飾ったという。

「祖母が以前、この森をドイツ人が通り、そしてロシア人が通過していった時のことを話してくれた。ロシア人は時々、村人の頭を気まぐれに撃ったが、ドイツ人は肩をすくめ、見ないふりをして通り過ぎた、と言っていた」と、パウリクさんは話す。

第2次世界大戦で、西側同盟国がナチスドイツの侵攻から守ってくれず、その後もソ連の支配下で苦しむままに放置された苦い経験は、多くのポーランド人の記憶に新しい。

2015年に37.6%の得票率で議会過半数を確保した与党PiSは、地方に住む、比較的教育水準が低くて貧しい有権者を主に相手にしている。こうした有権者は、リベラルな欧州のやり方で一部の国民が金持ちになったが、安全には一切なっていないと感じている。

ポーランド政府は、ハンガリーと手を組んだ。ハンガリーのオルバン首相は、グローバル化やEUのリベラルな考え方からの「国家的開放の戦い」と銘打った政策で、EU本部と対立している。PiSのカチンスキ党首は、ポーランドはオルバン氏の手本にならっていると発言。両国は、左派の国際主義者に反発し、トルコのエルドアン首相や米国のトランプ大統領のような国家主義的指導者の歓心を買おうとしている。

2018年9月、ワルシャワで開かれたPiSの党大会で演説するカチンスキ党首(2018年 ロイター/Kacper Pempel)

ブリュッセルでは、PiSのような党は、愛国主義と欧州共同体としての一体感の間に、誤った線引きを作り出していると指摘するEU高官が多い。欧州委員会のユンケル委員長は9月、「愛国心は美徳だ。だが野放図な国家主義は、毒といつわりに満ちている」と警告した。

地域での孤立を深めたPiS政権は、かつてポーランドのEU加盟を主導したドイツにも敵対的な姿勢を取り始めている。ポーランド政府は、ドイツが今でも第2次世界大戦の巨額の補償金をポーランドに負っていると主張。国民に対し、ドイツ政府は支払うべきだと訴えている。

<不安>

パウリクさんのようなポーランド市民にとって、EUに対する失望は根本的なレベルの話だ。

2014年にロシアがウクライナに軍事介入して以来、ロシアによる侵攻を恐れていると話すようになったポーランド人は多い。ロシアがクリミア半島を併合する以前は、自国の独立が脅かされていると感じると話す国民は15%だった。ロシアのウクライナ介入でその割合は急増し、今では40%に達する。

最近ロシアは、バルト諸国との国境付近で大規模な軍備増強を行った。だがEU側の合同防衛能力は限定的だ。

パウリクさんのような一般人が、領域防衛部隊(WOT)と呼ばれる予備軍に参加する理由はここにある。WOTは、参加者に3年間で4カ月以上の訓練に参加することを義務付けている。

ポーランド国防省によると、米国の州兵を参考に組織されたWOTは、陸軍、空軍、海軍、特殊部隊と並ぶ、国の防衛抑止力の一角だ。2018年のポーランド国防予算では、WOTに1億5300万ドル(約172億円)が割り当てられているが、これは同国海軍の予算にほぼ匹敵する。

「軍事同盟は大事だが、力を錯覚することもある。同盟国が助けに来てくれるまで、自国を守れるように準備しておくことが大事だ。独立を守りたいのなら、今の世代は国に誇りを持ち、共同体の自覚を持ち、自己犠牲の意思を持たなくてはならない」と、PiSのタデウス・チマンスキ議員は話した。

予備軍は、重要なシンボルでもある。

ポーランドは何世紀にもわたり、隣国から侵略されたり、国土を奪われたりしてきた。1918年まではオーストリアとドイツ、ロシアが、その後はナチスドイツとソ連が侵略者となった。第2次世界大戦では、自国政府が亡命に追い込まれたことを受け、多くのポーランド人は国内軍と呼ばれる抵抗組織に加わって戦った。

ポーランド世論調査センター(CBOS)の最近の調査では、国民の88%が、「愛国的」とは、国のために戦って死ぬ覚悟があるということだと回答している。

<ポーランドの「歴史教育」>

ポーランドのような政府は、EUが残した空白を埋め、国民を活気付けて人生に意味を持たせるような物語を提供していると、ワルシャワ大学社会学研究所のプシェミスワフ・サドゥラ氏は指摘する。

「EUは、自分たちの物語や神話を作り出すことができなかった。各国の物語をつむぎ合わせて1つの物語にすることができなかった」。サドゥラ氏はこう指摘。さらに、PiSには「ビジョンがある。愛国主義や、ポーランドの近代化、国としての約束、そして国家経済をすべて含んだビジョンだ。つまり、民族コミュニティーということだ」と説明した。

欧州委員会の関係者は、政治家が古きよき国家への郷愁に訴えて変化を恐れる国民の不安につけこむ潮流は世界的なものだとした上で、それに対する簡単な解はないと話す。またEU当局者は、公の場で口に出すことはめったにないが、こうした潮流に反発を感じている。

「中欧は、被害者意識が大好きだ」。あるEU高官は、EU機関側がポーランドやハンガリーの不満に十分に応えられていないことを認めつつ、ロイターに内心を明かした。

PiSは、「国家の物語」を作り上げるのにあたって、特に歴史や文学、社会道徳、地理部門に力を入れる全面的な学校教育改革を実施した。

子どもたちは今後学校で、EUメンバーであることの「利益とコスト」を学ぶことになる。教育省が、「コスト」という単語の挿入を指示した。

新たな中核カリキュラムには、「学校教育の目標は、国家アイデンティティーや、歴史や国の伝統とのつながりを強化することにある」と書かれている。

そしてそれには、ナチスドイツの被害者としての立場が含まれる。

2018年9月、ワルシャワで開かれたソ連のポーランド侵攻79周年の式典で、犠牲者を追悼する学生たち(2018年 ロイター/Kacper Pempel)

ポーランド人の多くは、西側がユダヤ人虐殺(ホロコースト)にばかり注目し、ナチスドイツの下でポーランドが味わった苦しみの深さを十分に理解していないと感じている。政府は、ユダヤ人に対する残虐行為の実行犯だとして誤った批判を受けたポーランド人もいると主張。実際、ユダヤ人をかくまったポーランド人も存在した上、ポーランド人自体がナチスから「人間以下」とみなされていた。

ポーランド政府は今年初め、同国政府がホロコーストに関与したと示唆する発言をした人物に対して懲役刑を科すことができる法案を可決した。その後、米国からの圧力を受けて懲役刑は削除された。

一方で教育省は、差別を減らすためのワークショップを学校で実施する義務を撤廃した。PiSから指名されたある校長は最近、オスマン帝国と戦った17世紀の王の模範に従うよう10代の生徒に指導した。メディアによると、校長はこの王が「イスラムから欧州全体を守ることに成功した」と発言したという。

歴史の授業は小学4年から始まるが、この時9ー10歳の生徒に、数十人の歴史的人物などを描いた教材が渡される。これは、生徒たちに国への誇りを持たせるために作られたもので、教育省は、「ポーランドの文化的アイデンティティー形成に重要な影響を与えた」人物たちだと説明している。

この中には、キリスト教徒の王や、共産主義に立ち向かうよう国を鼓舞したポーランド生まれのローマ法王ヨハネ・パウロ2世、放射線の研究でノーベル賞物理学・化学賞を受賞したマリー・スクウォドフスカ・キュリー氏も含まれている。

「歴史は、誇りを呼び覚ますものだ。われわれの歴史は偉大で、欧州の中でも特別だ」と、新しい教育プログラムを開発した歴史家のWlodzimierz Suleja氏は言う。

ポーランドは何世紀にもわたり、カトリックの信仰を、プロテスタントのドイツや正教のロシアと区別する方法の1つとしており、多くのポーランド人にとって宗教的価値は根本的なものだ。中には、学校の入り口に「十戒」を刻んだ大理石版を飾らせている町もある。

前出のパウリクさんは、自身が学校に通っていたころは、自国の遺産への感謝について教わらなかったと話す。

「私の時は、学校ではドイツの歴史やドイツの国王、ロシアについて教わることが多く、ポーランドについてはあまり勉強しなかった。ここで起きたことに集中する必要がある」と、パウリクさんは話した。

<自己犠牲>

PiSが考える「国家の物語」の中核をなすのが、第2次大戦の終結後も地下で抵抗活動を続け、共産主義の当局と戦った兵士たちだ。

PiSは、「呪われた兵士」とも呼ばれるこの兵士たちを、圧倒的に不利な状況にもかかわらず妥協や屈服を拒み、犠牲となる意思を持っていたとして、若者の模範に掲げている。

だが、この兵士たちについては評価が分かれている。ポーランドに共産主義政権を打ち立てようとするソ連に抵抗するなかで、ユダヤ人やスロバキア人、ベラルーシ人などの村人を殺した疑いが持たれている兵士もいる。

それでも、パウリクさんのような予備軍の加入者にとって、彼らはお手本となる存在だ。2016年の式典で、ドゥダ大統領は、こうした兵士のことを、国のために命を犠牲にした「最後の偉大な英雄」だと述べた。

「呪われた兵士」の1人が、インカという仮名で知られた17歳の少女だ。第2次世界大戦中に国内軍の衛生兵だったインカは、共産当局に死刑を宣告されたが、恩赦を求める嘆願書への署名を拒んだ。死を前に、インカは親族に手紙を書き、「死ななくてはならないことは悲しい。私の祖母に、私はすべきことをしたと伝えてください」と書き残した。

パウリクさんは予備軍の訓練で、火器の発射を習った。その際、自分が男性隊員にまったく引けをとらなかったことに驚いたと話す。今彼女は、正規軍の兵士になりたいと考えている。

2018年4月、ポーランド軍予備軍の訓練に参加するパウリクさん(2018年 ロイター/Kacper Pempel)

「何かをやるときは、最後までやり切る。でも自分のためだけにやっているのではない。子どものためでもある」と、パウリクさんは言った。

(Lidia Kelly記者, Justyna Pawlak記者、Anna Wlodarczak-Semczuk記者、翻訳:山口香子、編集:伊藤典子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below