for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=ハミルトン、奴隷商人の像を引き倒した抗議者ら支持

 自動車レースF1で通算6回の個人総合優勝を誇るルイス・ハミルトンは、人種差別に抗議して17世紀の奴隷商人の像を引き倒した人々を支持し、同様の行動を取るよう各国政府に呼び掛けた。メルボルンで3月撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[8日 ロイター] - 自動車レースF1で通算6回の個人総合優勝を誇るルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)は、人種差別に抗議して17世紀の奴隷商人の像を引き倒した人々を支持し、同様の行動を取るよう各国政府に呼び掛けた。

英ブリストルで7日、人種差別に抗議する人々が奴隷商人エドワード・コルストンの像を引き倒し、海へと投げ込んだ。

ハミルトンは自身のインスタグラムのストーリーに「このような変化を行い、こういった人種差別的なシンボルを平和的に撤去するよう、世界中の政府職員に求めたい」と投稿。これまでに命を落とした数多くのアフリカ人の魂と同じように、「彼の像は水中に沈めておくべき」と主張した。

ハミルトンは米国で黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に逮捕の際に首を圧迫されて死亡した事件について、F1界が当初、沈黙を続けていたことを批判。その後も人種差別への抗議活動を積極的にサポートしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up