June 19, 2018 / 1:02 AM / a month ago

米国務長官、中国の通商政策は「略奪的」と批判

[ワシントン 18日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は18日、中国の貿易慣行は「略奪的」だと批判し、ここ数週間に中国政府が発信している経済開放への取り組みに関するメッセージは「ジョーク」だと述べた。

ポンペオ長官はデトロイト経済クラブで、中国による米国企業の知的財産権侵害は「前例のない規模の窃盗」だと断じ、前週の習近平・中国国家主席との会談でこの問題を取り上げたと明らかにした。

トランプ米大統領は前週、中国からの総額500億ドルの輸入品に25%の関税をかける方針を明らかにした。これに対し中国も同規模の対抗措置を導入すると発表、対象には米国産原油も含まれた。18日の米国株式市場では、米中の貿易戦争を巡る懸念が相場への重しとなった。

ポンペオ長官は、中国の過剰生産により鉄鋼・アルミニウムは供給過多となり、国際価格が押し下げられ、米国企業にとって競争を阻害する要因になっていると指摘。

「これは略奪的経済学の入門編だ。米国以外の多くの諸国がこれを認識してきた」と述べた。「トランプ大統領は現在、バランスの是正に取り組んでいる」とした。

その上で「中国指導部は過去数週間にわたり、開放政策と国際化を主張してきたが、これはジョークだ。中国が、外国と貿易する国の中で最も略奪的な経済運営をしている政府であることは明白だ。この問題への対応は長年先送りされてきた」と強調した。

 ポンペオ米国務長官は18日、中国の貿易慣行は「略奪的」だと批判し、ここ数週間に中国政府が発信している経済開放への取り組みに関するメッセージは「ジョーク」だと述べた。写真は同国務長官。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below