June 14, 2018 / 1:37 PM / 2 months ago

日中韓、北朝鮮の完全非核化まで制裁解除ないと一致=米国務長官

[ソウル/北京 14日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は14日、中国、日本、韓国は朝鮮半島情勢が新たな局面に入ったとの認識を共有しているものの、北朝鮮が完全に非核化するまで制裁措置は解除されないとの見解で一致していることを明らかにした。

 6月14日、ポンペオ米国務長官は、中国、日本、韓国は朝鮮半島情勢が新たな局面に入ったとの認識を共有しているものの、北朝鮮が完全に非核化するまで制裁措置は解除されないとの見解で一致していることを明らかにした。写真はソウルで会談に臨むポンペオ氏(右)、韓国の韓国の康京和外相(中央)、河野太郎外相(2018年 ロイター)

ポンペオ長官は訪問先の北京で中国の王毅外相と共同記者会見を開き、「中国は国連安保理決議の順守に向けたコミットメントを再確認した。これには緩和のメカニズムが盛り込まれているが、われわれは適切な時期に検討することで合意した」と述べた。ただ、北朝鮮による完全な非核化実施なくして制裁措置の緩和はないとの立場を非常に明確に示したことを明らかにした。

王外相は、中国は朝鮮半島の非核化を常に後押ししてきたが、非核化を巡る問題の解決には時間がかかるとし、北朝鮮の安全保障を巡る懸念も解決する必要があると述べた。

*写真とチャンネルを追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below