March 26, 2019 / 12:22 AM / 3 months ago

米国務長官、ロシアにベネズエラでの「非建設的行為」停止求める

[ワシントン 25日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は25日、ロシアのラブロフ外相と電話会談し、ベネズエラ情勢について協議した。この中でポンペオ氏は、ロシアがベネズエラのマドゥロ大統領を支援するのを「手をこまねいて見ているわけにはいかない」とけん制した。

現地メディアの報道によると、ベネズエラの首都カラカス郊外の空港には23日、100人近くの兵士を乗せたロシアの空軍機2機が着陸した。これが事実ならば、ロシア政府はマドゥロ政権との関係強化に動いている可能性がある。

米国務省のパラディーノ報道官はポンペオ、ラブロフ両氏の電話会談について出した声明で、ロシア空軍機に関する報道には触れずに、「違法なマドゥロ政権」に対するロシア軍のいかなる支援も非難する立場を示した。「ポンペオ長官はロシアに非建設的行為を停止するよう求めた」という。

また、米国や中南米諸国に歩調を合わせ、ベネズエラの野党指導者、グアイド国会議長を支持するよう訴えた。

ブルームバーグはベネズエラ通信情報省の当局者の話として、ロシア空軍機の着陸は両国の長期的な軍事協定に沿っていると報じた。ベネズエラが購入したロシア製の軍装備の保守管理が目的だという。

ベネズエラ通信情報省はロシア軍機の到着やブルームバーグの報道について、コメントの求めに応じていない。

米政府当局者によると、米国は最大で100人のロシア軍兵士が上陸した可能性があると考えているが、そのうち何人が現地に残ったのかは不明だという。ベネズエラでの目的についてはコメントを差し控えた。

*映像を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below