Reuters logo
「キリスト教徒は同性愛者に謝罪すべき」、ローマ法王が見解
June 27, 2016 / 9:41 AM / a year ago

「キリスト教徒は同性愛者に謝罪すべき」、ローマ法王が見解

[26日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは26日、キリスト教徒とローマカトリック教会は、同性愛者に対しこれまでの対応を謝罪するべきだと表明した。法王は、アルメニアからローマへ向かう法王専用機内で記者団と対話。

その際、ドイツ人のラインハルト・マルクス枢機卿が最近、同性愛者への謝罪を主張したことに同意するかとの質問を受けた。

法王はこれに答え、キリスト教の教義では同性愛者は「差別されるべきでなく、配慮されるべき」だとしていると言明。「教会は、迫害を受けた同性愛者だけでなく、貧しい人々、搾取されてきた女性、労働を強いられてきた子供らにも謝罪しなければならない。多くの武器を祝福してきたことについても謝るべきだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below