December 25, 2017 / 4:37 AM / a year ago

ローマ法王がクリスマスミサ、難民への思いやりを呼びかけ

 12月24日、ローマ法王フランシスコはバチカンのサンピエトロ大聖堂で恒例のクリスマスイブのミサを行い、難民らを受け入れる心を持つよう呼びかけた(2017年 ロイター/Tony Gentile)

[バチカン市 24日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは24日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で恒例のクリスマスイブのミサを行った。法王は、ベツレヘムを訪れた聖母マリアとヨセフが泊まる場所を見つけられなかったことに触れ、難民らを受け入れる心を持つよう呼びかけた。

ミサには1万人の信者が聖堂で参列したほか、外の広場にも大勢の人々が集まった。

法王は「この地球に居場所がないと感じる人が誰もいないような新たな社会を恐れずに作ろう。クリスマスは、恐れを思いやりの力に変えるときだ」と訴えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below