for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ローマ法王、子供時代の夢は「肉屋になること」

11月6日、ローマ法王フランシスコが少年時代の夢について、神父ではなく肉屋になりたいと思っていたと明かした。8日撮影(2015年 ロイター/ALESSANDRO BIANCHI)

[バチカン市 6日 ロイター] - ローマ法王フランシスコが少年時代の夢について、神父ではなく肉屋になりたいと思っていたと明かした。オランダのホームレス向け新聞とのインタビューで語った。

法王は、成長期を過ごしたアルゼンチンの自宅付近に商店がなかったため、母や祖母とよく市場に買い物に行ったと述懐。「4歳のとき、将来何になりたいかと聞かれ、肉屋と答えた」と述べた。

法王は2013年の就任以来、指導者らに簡素な生活を促し、自らも宮殿でなくゲストハウスで生活するなど模範を示している。

「町の通りが恋しい」と語る法王に、取材班がピザを買いに出かけることを提案すると、「そうしたいのはやまやまだが、無理だろう。私が外に出れば、たちまち取り囲まれてしまう」と答えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up