for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ローマ教皇の重病説否定、バチカン「やや体調不良」

2月28日、バチカン(ローマ教皇庁)は2日連続で公式謁見を取り止めたフランシスコ教皇(83)の健康状態について「やや体調不良」と説明し、重病説を否定した。具体的な病名には触れなかった。写真は2月26日、バチカンで信者に挨拶するフランシスコ教皇(2020年 ロイター/Remo Casilli)

[バチカン市 28日 ロイター] - バチカン(ローマ教皇庁)は28日、2日連続で公式謁見を取り止めたフランシスコ教皇(83)の健康状態について「やや体調不良」と説明し、重病説を否定した。具体的な病名には触れなかった。

教皇は26日の一般謁見の際、風邪気味だったほか、同日の礼拝では咳をしていた。

ブルーニ広報局長は声明で、教皇が28日朝、通常通りでバチカン内にあるサンタ・マルタ館の礼拝堂で司式したと明らかにした上で「教皇はこの日の謁見を中止することが最善と判断した」と説明。その後「軽い病気以外の診断を下す根拠はどこにもない」と強調した。

イタリアでは、新型コロナウイルス感染で新たに4人が死亡し、国内での死者は21人に達したほか、感染者も888人と、前日の650人から増加した。

*見出しを差し替えて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up