October 1, 2019 / 5:01 AM / 21 days ago

ローマ法王、難民生む原因つくっている国々が受け入れ拒否と批判

 9月29日、ローマ法王フランシスコ(82、写真)は、カトリック教会の「世界移民・難民の日」に寄せ、自国以外で繰り広げられる戦争のために兵器を製造する国々が、その戦いから逃れてきた難民の受け入れを拒否していると非難した。提供写真(2019年 ロイター/Vatican Media)

[バチカン市 29日 ロイター] - ローマ法王フランシスコ(82)は29日、カトリック教会の「世界移民・難民の日」に寄せ、自国以外で繰り広げられる戦争のために兵器を製造する国々が、その戦いから逃れてきた難民の受け入れを拒否していると非難した。

法王は移民と難民の擁護を自らの姿勢の中核に据えており、トランプ米大統領や欧州の反移民議員らとしばしば対立している。

また、兵器貿易を繰り返し批判。サン・ピエトロ広場で4万人を前に行った説教で、戦争と移民の問題を関連付けた。

法王は、「戦争が影響するのは世界の一部の地域のみだ。だが、戦争兵器は他の地域で製造・販売されており、こういった地域は同時に、戦闘によって生まれた難民の受け入れを拒否している」と述べた。

さらに、世界はますます「エリート主義となり、排除された人々に対して残酷になっている」と指摘。社会に根付いている「廃棄の文化」により置き去りにされている人々全員の世話をすることはキリスト者の使命だと述べた

その後、広場に建造された宗教や時代の異なる多数の移民や難民の姿を表現した彫刻作品を除幕した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below