July 17, 2018 / 10:53 PM / 3 months ago

対米証券投資、5月の米国債投資が買い越しに転じる 日中の保有額拡大

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米財務省が発表した5月の対米証券投資統計によると、日本と中国の米国債保有額が共に拡大した。

 7月17日、米財務省が発表した5月の対米証券投資統計によると、日本と中国の米国債保有額が共に拡大した。6月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Bachman)

中国の米国債保有額は前月の1兆1820億ドルから1兆1830億ドルに増加。日本の保有額も前月の1兆0310億ドルから1兆0490億ドルに増加した。

海外投資家による米財務省証券投資は267億ドルの買い越しとなった。買い越しは3カ月ぶり。前月は47億8000万ドルの売り越しだった。

民間部門は502億8000万ドルの買い越し。一方、海外公的機関は238億ドルの売り越しだった。

米国株投資は265億8000万ドルの売り越し。売り越し額は2015年9月以降で最大となった。一方、社債は4カ月連続の買い越し。買い越し額は49億8000万ドル。

対米証券投資は全体で699億ドルの買い越し。前月は2331億ドルの買い越しだった。

ロシアは5月の米国債の主要保有国・地域のリストから外れた。ロシアの保有残高は4月に487億ドルと、3月の961億から約50%減少していた。

アナリストは、4月の保有残高の大幅減少について、4月に米国がロシアに追加制裁を課したことに関係している可能性があると指摘し、ロシアは代わりに金の保有拡大に焦点を当てていると説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below