September 2, 2019 / 1:45 AM / in 17 days

10月のポルトガル総選挙、首相が初の単独過半数獲得も=世論調査

 8月31日に公表された世論調査によると、ポルトガルでは10月6日の議会選挙を控え、左派と連立を組む与党社会党がリードを広げている。写真は演説をするコスタ首相。5月3日、リスボンで撮影(2019年 ロイター/Pedro Nunes)

[リスボン 31日 ロイター] - 31日に公表されたポルトガルの世論調査によると、10月6日の議会選挙を控え、左派と連立を組む与党社会党がリードを広げている。

調査は、TSFラジオとジョルナル・デ・ノティシアスの委託で調査機関ピタゴリカが実施。その結果、社会党への投票は43.6%で、1カ月前の43.2%から上昇。主要野党の社会民主党は20.4%と大きく引き離された。

左派連合は10%に上昇、共産党はほぼ変わらずの6.6%だった。

最近発表されている世論調査では大半が社会党の支持率を37─38%付近としており、ピタゴリカの数字はその中でも最高水準となった。

ポルトガルの比例代表制では、42%の得票があれば理論的に過半数が確保できるが、通常は44─45%前後がその水準となっている。

今回の調査結果は、コスタ首相が初めて単独過半数を獲得する可能性を示している。

調査は8月12─24日、1525人を対象に実施。誤差は2.6%。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below