for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国ポスコ、第4四半期は56%営業減益 2020年の減収を予想

 1月31日、韓国鉄鋼大手ポスコの第4・四半期営業利益は前年同期比56.1%減となった。原料価格の上昇で利益が圧迫された。写真はソウルで2016年7月撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 31日 ロイター] - 韓国鉄鋼大手ポスコ005490.KSの第4・四半期営業利益は前年同期比56.1%減となった。原料価格の上昇で利益が圧迫された。2020年の売上高については、世界的な鉄鋼需要の伸び鈍化を背景に減少するとの見通しを示した。

ポスコが発表した2019年通期決算を基にロイターが算出した第4・四半期の連結営業利益は5580億ウォン(4億7800万ドル)と、前年同期の1兆3000億ウォンから減少した。

リフィニティブのスマートエスティメーツによると、アナリスト20人の予想平均は7310億ウォンだった。

2019年は主要な鉄鋼原料である鉄鉱石の価格が、ブラジルの鉱山ダム決壊事故の影響で前年比140%超上昇した。

ポスコは2020年の連結売上高について、63兆8000億ウォンに減少するとの見通しを示した。設備投資およびその他の投資は6兆ウォンの見通しとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up