July 21, 2020 / 6:18 AM / 18 days ago

韓国ポスコ、第2四半期は84.3%減益 通期売上高予想引き下げ

 7月21日、韓国鉄鋼大手ポスコが発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込み、営業利益が84.3%縮小した。2016年7月20日、ソウルの本社で撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国鉄鋼大手ポスコ(005490.KS)が21日発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込み、営業利益が84.3%縮小した。

同社は、需要は第3・四半期に回復すると見込んでいるものの、2020年の売上高予想を4月に示した57兆5000億ウォンから55兆4000億ウォン(462億4000万ドル)に下方修正した。

第2・四半期の連結営業利益は1680億ウォン。前年同期は1兆1000億ウォンだった。リフィニティブがまとめたアナリスト14人の予想平均は2910億ウォンだった。

売上高は15.9%減の13兆7000億ウォン。純利益は84.6%減の1050億ウォンだった。

新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)の影響で、自動車メーカーや建設会社などの鉄鋼需要は低迷。世界鉄鋼協会は先月、世界の鉄鋼需要は今年、6.4%減少するとの見通しを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below