July 24, 2014 / 8:02 AM / 6 years ago

韓国ポスコの第2四半期は大幅減益、ウォン高や需要低迷が重し

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国の鉄鋼大手ポスコ が発表した第2・四半期の決算は、3四半期ぶりの大幅な営業減益となった。ウォン高により、輸出競争力が低下。輸出先の市場では需要が低迷している。

ポスコは2014年の売上高見通しを下方修正。今四半期については、中国で需要がやや改善するとの見方を示した。

営業利益は5650億ウォン(5億4881万ドル)と、ロイターがまとめた21人のアナリスト予想平均の5780億ウォンを下回った。

前年同期比20%減で、減益率は2013年7─9月以来の大きさとなった。

売上高は4%減の7兆4200億ウォン。2014年通年の売上高目標は30兆3000億ウォンから30兆ウォンに下方修正した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below