Reuters logo
テニス=デルポトロ、ナダル戦でもフォアハンドを意識
2017年9月8日 / 01:07 / 13日前

テニス=デルポトロ、ナダル戦でもフォアハンドを意識

 9月8日、男子テニスのフアンマルティン・デルポトロ(写真、アルゼンチン)は、テニスの四大大会最終戦の全米オープン準決勝で世界ラ ンク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦することを受け、抱負を語った。6日撮影(2017年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 男子テニスのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)は、テニスの四大大会最終戦の全米オープン準決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦することを受け、抱負を語った。

第24シードのフアンマルティン・デルポトロは今大会、フォアハンドを武器に第6シードのドミニク・ティエム(オーストリア)、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)を撃破してきた。

しかし、準決勝で対戦するナダルは左利きのため、これまでのように得意のフォアハンドを有効活用できない可能性がある。

デルポトロも「彼はサウスポーなので、私のバックハンドを狙いやすいし、その試合の戦略がどうなるかわからない」と懸念する一方、「それでも私はフォアハンドでのウィナーを狙う。足が疲れているのであまり走らない」と話した。

デルポトロは対ナダル戦で5勝8敗と負け越しているが、直近2試合となる2013年のマスターズ上海大会、昨年のリオデジャネイロ五輪では勝利を収めている。

ただ、今年のナダルは好調で、全仏オープンでは10度目の大会制覇を達成。デルポトロは「過去とは違う試合になるだろう。彼は世界ランク1位だし、今大会では自信を持ってプレーしている」と気を引き締めていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below