February 27, 2020 / 3:34 AM / a month ago

五輪=IOC委員、五輪開催変更は「世界的危機が訪れた時のみ」

2月26日、国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド氏は、今夏の東京五輪開催と新型コロナウイルスの感染拡大について、中止や延期は世界的な危機が訪れていることが条件だと述べた。写真は東京・お台場に設置された五輪のロゴ。27日撮影(2019年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[モントリオール 26日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド氏は26日、今夏の東京五輪開催と新型コロナウイルスの感染拡大について、中止や延期は世界的な危機が訪れていることが条件だと述べた。

パウンド氏は五輪を1年間延期することは不可能ではないとした上で、7月24日の開会式を予定通り実施することに向けて進んでいることをアスリートにも理解して欲しいとコメント。そしてロイターに対して「五輪という機会を確実に獲得できるよう全力を尽くす」と述べた。

新型コロナウイルスについてパウンド氏は、2016年のリオデジャネイロ五輪当時にあったジカ熱よりも大きな問題であると感じているものの、現時点で代替措置を開始する必要はないという考えを示した。

その上でパウンド氏は「1月と2月は伝統的にインフルエンザが流行する時期でもある」として、「このパターンに則るなら、4月や5月、6月には過去のものになっている可能性もある」と話した。

一方で、五輪を延期する場合の時期については来年の同時期が現実的だとして、年内の後半への延期は北米や欧州で大学スポーツや野球、サッカーが実施されているために難しいという見解を示した。

*カテゴリーと写真を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below