for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔情報BOX〕パウエル米FRB議長の議会証言要旨

[2日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は2日、下院金融サービス委員会の公聴会で証言した。発言要旨は以下の通り。

3月2日、 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は下院金融サービス委員会の公聴会で証言を行い、非常に刺激的な金融政策環境から脱却する必要があるなどと述べた。写真は同日、議会で証言するパウエル議長(2022年 ロイター/Graeme Jennings)

*非常に刺激的な金融政策環境から脱却する必要

*住宅ローン金利の上昇によって住宅需要は減退し始める可能性

*米経済は極めて堅調

*労働市場は非常にタイト

*インフレは目標をはるかに上回る

*数カ月先の利上げに柔軟に対応へ

*ロシアのウクライナ侵攻前、FRBは3月に利上げを引き上げ、年内全てが「ライブ会合」になると想定していた

*ウクライナでの戦争を踏まえ、慎重な政策運営へ

*戦争の経済的影響は極めて不確定

*すでに商品(コモディティ)に影響、支出にも影響の可能性

*こうした影響の規模やどの程度長期間続くかは不明

*引き続き、3月の25ベーシスポイント(bp)利上げは適切と判断

*バランスシート縮小に向けた計画を巡り、3月に進展すること期待

*バランスシート縮小巡る計画、3月の会合では確定していない

*インフレはピークを付け、年内に低下し始める

*インフレ高止まりなら、1回もしくは複数回の会合にわたり50bpの利上げを行い、積極的に対応

*仮想通貨に対する議会の対応必要

*FRBはウクライナ情勢に対し機敏に対応する必要

*FRBは昨年来、サイバー攻撃への警戒を高めている

*米金融システムは強固、ウクライナ情勢に十分耐えられる

*米国の銀行、資本不足に陥っていない

*供給面の阻害、予想より長期化

*市場はわれわれのアセスメントに適切に反応

*過去数十年間で経験したことがないインフレに直面

*インフレの種類も異なる、モノ製造部門に起因

*景気拡大を維持しながら物価安定を確保することが政策運営の主眼

*インフレが転換したと確信を持って言えないことを謙虚に受け止める

*インフレの緩和を期待している

*一連の利上げとバランスシート縮小に取り組む必要

*インフレは高すぎる

*インフレ制御に取り組んでいる

*バランスシートをいつ縮小し始めるかはまだ分からない

*サイバー攻撃防御にあらゆる対策を講じている

*労働参加率の低下が賃金上昇につながっている

*SWIFTからのロシア排除で予期せぬ影響が出る可能性

*対ロシア制裁による長期的な影響を推し量るのは困難

*米経済、対ロシア制裁で直接的な影響を受けず

*原油価格はウクライナ情勢次第

*米金融市場は円滑に機能、流動性は潤沢

*FRBは他の主要中銀と継続的に連絡

*ウクライナ情勢を巡る他の主要中銀の見方の把握に極めて有用

*われわれにはツールがあり、それらを使ってインフレをコントロールしていく

*石油価格の上昇がインフレの連鎖を引き起こさないようにしていく

*バランスシートを経済に見合った規模に回帰させる

*銀行に対して融資の可否を指示するのはFRBの役割ではない

*気候変動に関するストレスシナリオは自己資本比率を設定するためのものではない

*FOMCメンバーの大半は現在、最大雇用にあると考えている

*インフレはサービス業でも高すぎる

*移民減少が人手不足の一因であることは間違いない

*バランスシートを望ましい規模にするには3年程度かかる

*縮小の方向性を決めた後、ペースの加減速はあるかもしれないが3年程度が目安となる

*ウクライナでの戦争を受けグローバル市場やドル調達市場へのストレスを注視している

*市場は現在、機能している

*年内に一連の利上げを実施すると予想

*労働市場は極めて力強い

*経済は利上げに耐えられる

*2週間後のFOMCで利上げが決定され、年内に一連の利上げが実施されると予想、ウクライナ情勢を踏まえ慎重に対応

*中立金利は2─2.5%の間のどこかに存在

*ソフトランディングは可能

*ウクライナで流動的な状態が続く限り、FRBは不確実性を高めることを回避

*インフレは上下に変動すると予想、変動しなければ積極的に動く用意

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up