for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州、ロシアとのガス契約縮小は失策 高騰の要因に=プーチン氏

ロシアのプーチン大統領は6日、欧州の天然ガス価格の高騰について、欧州がロシアとの天然ガス供給に関する長期契約を縮小した政策が「間違いであったことが示された」と述べた。5日撮影。提供写真(2021年 ロイターSputnik/Alexei Druzhinin/Kremlin via REUTERS)

[モスクワ 6日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は6日、欧州の天然ガス価格の高騰について、欧州がロシアとの天然ガス供給に関する長期契約を縮小した政策が「間違いであったことが示された」と述べた。

欧州の天然ガス価格は需給逼迫などの要因で過去最高値を記録。欧州の天然ガスの指標価格となる「オランダTTF」11月限は6日午前の取引で、1メガワット時当たり150ユーロ超と、過去最高値で推移した。年初からは約8倍の値上がりとなっている。

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のカドリ・シムソン委員(エネルギー担当)は5日、ロシアが主要天然ガス供給国としての立場を利用して欧州の天然ガス価格を引き上げていると一部加盟国が主張していることを受け、調査を行っていると明らかにした。

ロシアのペスコフ大統領報道官は6日、「ロシアはガス市場での動向に全く関与していない」と反発。天然ガス価格高騰の要因は、景気回復やエネルギー需給逼迫などとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up