for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア産ガス、ドイツ方面への輸送再開 欧州でガス価格下落

 11月4日、ロシア産天然ガスをポーランド経由でドイツに運ぶパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」で、ドイツ方面へのガス輸送が再開した。5月撮影(2021年 ロイター/Gleb Garanich)

[ロンドン 4日 ロイター] - ロシア産天然ガスをポーランド経由でドイツに運ぶパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」で4日午後、ドイツ方面へのガス輸送が再開した。

ドイツのパイプライン運営会社のデータで明らかになった。これを受けて、欧州のガス価格は5─6%下落した。

ヤマル・ヨーロッパを巡っては、ドイツ国内へのガス流入が週末30日から止まり、ドイツからポーランド方面への供給に切り替えられていた。これを受けて、欧州の天然ガス先物の指標価格は今週、先週末比で23%急騰していた。

パイプラインによるガス輸送の流れは、顧客の要請によって切り替わる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up