May 19, 2018 / 2:41 AM / a month ago

サッカー=プレミアリーグ、指揮官の再編が急ピッチ

[ロンドン 18日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは13日に最終節が行われ、今季の順位が決定したことを受けて指揮官の再編が急ピッチで進められている。降格が決まったのはスウォンジー(18位)、ストーク(17位)、ウエストブロムウィッチ(20位)の下位3チーム。

 5月18日、サッカーのイングランド・プレミアリーグはシーズンが終了し、指揮官の再編が進んでいる。写真中央はカーディフに移るスウォンジーのカルロス・カルバリャル監督。英スウォンジーで13日撮影(2018年 ロイター/Rebecca Naden)

スウォンジーのカルロス・カルバリャル監督は、来季のプレミアリーグ昇格が決まった地元のライバル、カーディフの指揮を執ることが決まっており、ストークでは今年1月に就任したばかりのポール・ランバート監督がわずか15試合で退任となった。

また、アーセン・ベンゲル監督が退任する6位アーセナルと、既に監督解任を発表した8位エバートンと13位ウェストハムも新監督を探しており、ほかにも首脳陣が交代するクラブは出てくる見通し。

来季に向けてクラブが各々歩みを進める一方で、唯一、最下位ウエストブロムウィッチだけは、ダレン・ムーア監督が続投することとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below