for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=トットナム3点リードからドロー、ベイル復帰後初出場

 サッカーのイングランド・プレミアリーグは18日、各地で試合を行い、トットナムはホームでウェストハムと3─3で引き分けた。写真はトットナムのガレス・ベイル。代表撮影(2020年 ロイター)

[ロンドン 18日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは18日、各地で試合を行い、トットナムはホームでウェストハムと3─3で引き分けた。

トットナムは開始直後に孫興民が先制点を決めると、前半8分、同16分にはハリー・ケインが立て続けにネットを揺らしてリードを広げた。しかし、後半37分に1点を許すと、その3分後にはオウンゴールで失点。同アディショナルタイム4分に同点弾を決められ白星を逃した。

なお、この試合ではレアル・マドリード(スペイン)から期限付き移籍で復帰を果たしたガレス・ベイルがベンチに入り、後半27分からプレー。7年ぶりにトットナムの一員としてピッチに立った。

アストンビラは敵地でレスターに1─0で勝利。アストンビラは今季リーグ戦で唯一、開幕から全勝をキープしている。

シェフィールド・ユナイテッドとフラムは1─1、クリスタルパレスとブライトンも1─1で引き分けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up