February 26, 2018 / 6:39 AM / 10 months ago

故プレスリーさんの一人娘、借金の責任めぐり元マネジャー提訴

 2月23日、故エルビス・プレスリーの一人娘、リサ・マリー・プレスリーさん(50、写真)は、巨額の借金を負うことになった責任は元マネジャーのバリー・シーゲル氏の怠慢と誤った資産管理にあるとして、シーゲル氏を提訴した。写真は2015年5月撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - 故エルビス・プレスリーの一人娘、リサ・マリー・プレスリーさん(50)は、巨額の借金を負うことになった責任は元マネジャーのバリー・シーゲル氏の怠慢と誤った資産管理にあるとして、シーゲル氏を提訴した。

一方、シーゲル氏も、エルビスさんから受け継いだ遺産が減ったのはリサさんの浪費が原因と非難し、未払いの80万ドルを要求する裁判を起こした。

いずれもロサンゼルスの裁判所で提訴した。リサさんは1600万ドル(17億円)の借金があると明らかにしている。

リサさんは、1977年にエルビス・プレスリーさんが死去した時、わずか9歳だった。シーゲル氏の誤った行動が原因で1億ドルを超える損害を受けたと主張している。

リサさんは、故マイケル・ジャクソンと2年間結婚していたことや、俳優のニコラス・ケイジさんと108日間結婚したことでも知られる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below