Reuters logo
プリンスさんの遺体から鎮痛剤パーコセット検出=報道
2016年5月6日 / 01:21 / 2年後

プリンスさんの遺体から鎮痛剤パーコセット検出=報道

[5日 ロイター] - 複数のメディアによると、米人気歌手プリンスさん(当時57歳)の遺体から鎮痛剤「パーコセット」が検出された。ミネソタ州ミネアポリスのスター・トリビューン紙とKSTP─TVが捜査関係筋の情報として伝えた。

 5月5日、複数のメディアによると、米人気歌手プリンスさん(写真)の遺体から鎮痛剤「パーコセット」が検出された。英国のイベント「ホップファーム・フェスティバル」で2011年7月撮影(2016年 ロイター/Olivia Harris/File Photo)

また、プリンスさんは赤血球の数も異常に少なく、病気だったことが示されたという。

検視を行った地元当局の報道官は、この報道について確認していない。

またカリフォルニア州の依存症治療専門医の弁護士が4日に語ったところによると、この医師はプリンスさんが亡くなった日の翌日に「人命救助の任務」でプリンスさんを訪問する予定だったという。

プリンスさんは先月21日、ミネアポリスにある自宅兼スタジオのエレベーター内で死亡しているのが見つかった。司法当局筋によると、現場では処方薬の鎮痛剤「オピオイド」が見つかっている。

死因はまだ断定されておらず、地元当局は4月下旬、検視結果が出るまでに数週間かかる可能性があると発表している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below